隣のヅカは青い

ヅカファン歴は30年ほど。しかし観劇デビゥは2019年から。それほど遠い宝塚についてのブログです。

タカラヅカ関連

月のアイドル、雪の王子様になる

いやあ、正式発表がくると、当然のような気もするし、どこか信じられないような気もするし。ともあれ、あーさが次の雪組トップスターに。おめでとうございます!!それでは囲み取材を自分にしてみます。 まずは今のお気持ちを おめでたいの一言です。彼女は…

エンタメガチ勢、韓国による韓国ミュージカル版ベルばら

韓国ミュージカル。 あんまり知らないけれどそんな自分にも届く人気とパワー。wowowで観た「ジキル&ハイド」は楽曲がめちゃよかったな~という印象。で、2024年に韓国ミュージカルでベルばら上演すると知って(今更)、めっちゃ面白そうですわ。 先週ビジュ…

天華えま 爽やかなる第二章

OG恒例の某コンテンツへインタビューが掲載された。 みんな大好きぴーすけこと天華えま。退団を決めた最初のポイントが2022年だったというからあらびっくりよ。あらびっくり…とはいえ、その時彼女は研10だったのよね。 タイミングはやっぱりめぐりあわせ 2年…

インターネットとリアル

ただいまマイブログ。 ID/PWはじかれて本気でどうしようかと思った。 端末に委ね過ぎるのも危険だわ。 それは先月のこと まず天華えまちゃんのこと!WOWOWのプルミエールでナレーション! 単発なのが勿体無いほど、歴代でもトップクラスのうまさ(=聞きやす…

ポスター・先行画像雑感

とある新人俳優が、テレビで「いままでこういう演技の授業みたいなの受けたことなくて、ありがたい」みたいなことをとあるオーディションの一環で受けた演劇授業に対して感想を述べている番組をみて… ちゃんとした事務所に所属している若手俳優からみたら、…

理想形、雪組トップスター

少女時代の私がポ~となって、退団後出版の本(ちょっと前まで、トップスターは退団後みんな本1冊出してたような…)まで買ったトップが、杜けあき。雪組ってのは昔はちょっと地味なキャラのように言われていた気がする。和物がうまいからっていうただそのイ…

すーごいピンク

ベルばらポスター(先行画像)がアップされたけれども、すっごい!どピンク!おピンク! めっちゃいいけどなんだこれ 本ポスターではないと思うんだけれども、まず・あーさオスカルがインしてる~~ ・咲ちゃんノーブル~~ ・夢白ちゃん、咲ちゃんとの身長…

選択肢がある幸せ

野球関連のニュースを観ていると、どの球団にはいるかって就職のはずなのに、職業選択の自由がなさそうなルールでずっと不思議だった。 夢見る野球少年が夢かなってプロになれるのに、ドラフト会議というおっさんたちのつくったいけてる制度によって、あこが…

数と愚者

なるほどねぇとあらためて納得。いまマスコミはヅカ受験生減のニュースが一周。 数は増えているばなしをきいたときは意外に思っていたんだけれども総数はやっぱり減るんですねそりゃそうか。子供の数、富裕層の数ともに減少傾向なわけだし、そこにきて一連の…

新人公演休止とな

世間でもコロナやインフル流行しており。報道されないけれども、めっちゃいますね。先日皮膚科と内科の2つの科がある病院の皮膚科へ軟膏もらいにいったところ、内科大混雑のうえ、感染対策で外にいる患者さんもいたしね。やっぱり基本の感染対策は大事…! う…

良好な仕事仲間と友達と

「職場の友達」と「友達」は、たとえ内緒話ができたとしても、ちょっと違うよね… なんて会話を、したことがある。 案外この感覚は共通認識としてあるものだ(と思う)。生活社会のコミュニティが小さい場合はまた違ってくるだろうが(人間関係が多層化する)…

さよならみなさま~みんな月からかえっていく

月城 かなと 海乃 美月 麗 泉里 空城 ゆう 彩音 星凪 一星 慧 まのあ 澪2024年7月7日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団 七夕に去るなんてまあ、月組らしくって なんて会話が界隈で何百回かそこらされるに違いない。 まず 各組ジェンヌの顔と名前が全…

とりあえずドン・ジュアンへの期待を綴る

結局予定が合わずチケット運もなく、ダイジェストやプルミエールで観たものしか見られなかった雪組ボイルド。 とうとう東京大千秋楽も観られずで、本当…生で全然観られずに大好きなソラカズキが卒業してしまった。 ソラカズキへの思いのたけでもここに書き散…

サラリーマンのトップ、総理を礼星組がやるってよ

最初に思ったのは「コレ星組案件だったんですかねー?」ていう疑い。 それくらい、スーツのなかでもいわゆる「和物スーツもの(そんな単語あるんかい)」になりそうな、現代日本でスーツで星組?礼真琴?と思ったね。 舞空瞳にしても間違いなく現存している…

新人公演の非公開化について考えた

いま一度、新人公演のライブ配信をやめることについての検討はアリなのかもしれないと思った話。 これまでの話 2021年 雪組 東京宝塚劇場『CITY HUNTER』が、新人公演の全編ライブ配信としては初だった。 これの背景には新型コロナウィルスの世界的流行があ…

退団と卒業

ひっそりと、宙組から2名が予定通りに退団していったようだ。 卒業であったはずなのに。彼らに「卒業式」は用意されなかった。そのことが少し悲しい。 優希しおんさん、花宮沙羅さん両名の今後が明るい日々でありますように。歌劇団のホームページをみると既…

幻と幻

正式に宙組新トップお披露目公演の東京中止と、予定組替えの中止が発表された。そうだと思ってた。 まさに幻 このままお蔵入りになる可能性もゼロではないし、時間をあけて…、新トップの退団公演として仕切りなおされる可能性もゼロではないかもしれない。私…

美人たちの戯れ

色々とアレがアレなもんで、ていうことだったのかしら。プルミエールが無害で楽しい特別編を編成して頑張っていた件。 愛され娘役、ゆきちゃん そういやこの二人、同期だったね。仙名彩世と珠城りょう。 ゆきちゃんは公称の身長162センチなのに、たまきちと…

「代役」公式が非公式化する不思議

前回書いた内容を自分で読み返していて…。そもそもなんだけど、新人公演の主演の子に代役やらせてもよかったんじゃないかねぇと思った私。 主演は「分散させない」 娘2格の二人はそもそも出番が多く目立つポジションに配置されているので、これの役替わりの…

ついにやってくる。主演代役公演が当たり前になる日々…その前に。

健康第一・安全第一ですから、全く問題ないと思う。 月組の真ん中、やられる 先日主治医もいっていたけれども、いまインフルが本当に蔓延しているそうで。株主総会のことばを忠実に実行する阪急、ついにヒロイン休演の日がやってきてしまった。11月7日(火)…

万博中止論とアンバサダーの行方

ネット上では、作家の筒井康隆氏のネットインタビュー記事が拡散され、もともとくすぶっていた万博中止勢の勢いが加速しているようだ。 万博なにそれ そもそもだが、関東…東京都内で暮らし働いている自分が万博のことを少しでも知っていて関心を寄せていて命…

冬がはじまるよ

ほらまた僕の…と口ずさみたくなるほど公式が雪まみれになった先日。 もはやスケジュールがどうなってんだかよくわからないので、このタイミングでの一連の発表が、ほぼ予定通りのタイミングでのものなのか、そうでないのかもよくわからない。 ただ、どうやら…

『当日の中止発表』の混乱

新型コロナウィルス流行による世界的なパンデミックと国内の法制度での規制対象となったことから、新型コロナウィルス感染拡大防止策の措置が義務付けられた企業は、人を集めるイベントができなくなり、歌劇団も数か月間の公演休止期間を余儀なくされ、その…

不思議な「インフルエンサー」たちのお仕事

古い友人が某ハイブランドに勤めている。友人は日本の老舗ブランドなどを幾つか務めたあといまの外資系ハイブランドで働いて20年超なので、その業界事情に大変詳しいプロ。 おぎはやぎとカルティエ 先日ラジオで、カルティエの時計イベントにお呼ばれしたこ…

生きる経験

振り返ってみると、若手を早期抜擢することよりも人気や人望があり、なにより本人の心身の丈夫さがその経験によって育っている上級生が主演をとることは、舞台内外を安定させることにつながるのではと、改めてそう思う。 代替わりが必須である宝塚歌劇。おま…

和希そら。赤い鳥が逃げた

予定調和な月組トップ退団よりも、こちらの方がよっぽど動揺したソラカズキの卒業宣言。 ああああー!!ずっとあなたの男役を観ていたかったよ、和希そら 見事すぎる引き際 和希そらの去就タイミングを考えたら(そして最近のご本人もどうやら組替えあたりで…

タカラジェンヌ人生いろいろ

6年トップ娘役を務めた愛希れいかが娘役転向後、新人公演の主演含めて、務めたヒロイン(主演娘役)総数26 ていうWikipediaさんの数を信じると ヒロイン回数20回といわれる海ちゃんの存在感たるや。ちゃぴはトップ娘役になるために娘役になった子。あの急ご…

始めにトップスターありき

新約聖書「ヨハネによる福音書」第1章より 「初めに言葉ありき」 創世は神の言葉(ロゴス)からはじまった。ロゴスとはWordであってlanguageではない。論理にちかい意味合いで、ただ「語」があり、それが神・この世の根源である……歌劇にはトップスターありき…

くるくる回したいならば、パッシィ(パッツィ)の館よ再び。

私が生観劇をするときは、いつも、自分が拍手したいところでしか拍手しないようにしている。 手拍子求められる場面はもちろん乗るし、最後のご挨拶的な場面ではありがとうの気持ちを込めて拍手するけども。 絶対に拍手しないでござるの場面 そりゃもう、トッ…

後顧の憂いは絶てた気がしていた

結局月組ってなんかごちゃつく運命なのだろうか。 えらかったよ前任は 珠城りょうがごたごた人事を全部吸着して持って行ってくれて、さあ新体制はきれいにスタートだと誰もが思ったに違いないあの日。 新トップをとにかく曇りなき存在にした引継ぎの一点にお…